放課後等デイサービス児童発達支援パレット緑木 100㎡のゆったりとした施設でのびのび療育しています。
  • 学校に通学中の障がいをお持ちのお子様に、放課後や長期休暇中において、または学校に入学前の障がいをお持ちの未就学のお子様などに、日常生活動作の指導や集団生活への適応訓練など、自立を促進する療育の場として、お子様の居場所を提供することにより、保護者の方のレスパイトケア(ご家族に代わり一時的なケアの代替する事でリフレッシュしていただく家族支援サービス)の役割を担っています。

    詳しくはこちら
  • ●放課後等デイサービス 小学生から高校生までの障がいをお持ちのお子様が対象となりますが、必ずしも障がい手帳や療育手帳の交付を受けている必要はありません。区役所にてお子様の日常の様子や気になる事などを伝え、区が必要と認めた場合に受給者証が発行されます。
    ●児童発達支援事業 小学校に上がる前の未就学児が対象となります。制度としては放課後等デイサービスと同じです。

    詳しくはこちら
  • 利用料金は法律で定められており、利用料金の1割が利用者のご負担となります。放課後等デイサービス・児童発達支援やご利用内容により前後しますが、1000円前後がご家族のご負担となります。ご負担には世帯所得により月額上限額が決められており、それを超える負担はいただきません。

    市民税非課税世帯・・月額支払い金額0円
    世帯所得890万円まで・月額上限4600円
    世帯所得890万円以上・月額上限37200円

医療ケアについて
医療的ケアとは、たんの吸引や鼻などから管を通して栄養剤を流し込む経管栄養など、医師、看護師、家族だけが行える行為の事です。
平成24年度からは一定の研修を受けた介護職員も、医療と看護との連携による安全確保が図られている事など一定の条件下で実施が可能となりました。
パレット緑木では、南港病院のグループ法人という事で医療的ケアが必要なお子様のご家族からの問い合わせをいただいていましたが受け入れ体制が出来ていませんでした。
この度、南港病院の協力をいただく事で、平日に医療的ケアが必要なお子様のご利用申し込みが有った場合、15:00~17:00の時間帯に看護師さんを派遣してもらい対応が可能となりました。
尚、パレット緑木の職員も喀痰吸引の研修を受講しておりますので対応が可能です。
地図
  • 電車地下鉄北加賀屋駅より徒歩10分
        地下鉄四つ橋線「北加賀屋駅」3番出口を出て左へ
  • 徒歩北加賀屋の交差点を越えて「市立住之江特別支援学校」の手前を左に曲がり直進

PAGE TOP